« 【平成23年度文集-8】 『数学の楽しさ』 | トップページ | 教育をめぐる座談会 (平成22年 第五回 創才セミナーより) »

2012年1月 9日 (月)

【平成23年度文集-9】 創才セミナー特別授業に参加して

   創才セミナー特別授業に参加して
                            函館ラ・サール中学校一年 村岡 龍岳 

 私が創才セミナーに参加したのは小学校6年生からで、初めて参加した時は、難しいものも多かった中、筑波大学附属小学校の細水先生の授業は小学生の私でも楽しく理解できるものでした。
 ですから今回、細水先生が特別授業してくださると聞きすぐに参加したいと思い特別授業に申し込みました。

 授業内容は線対称についてでした。人の名字で線対称になっているものの発見で、例えば田中、中山などは線対称になっているもので、川などは書き方によって対称になるか、ならないかなど探し出すのは楽しい発見でした。
 又折り紙とハサミを使っても色々な形を予想して実際に作りましたが、最初は不思議だったことも途中で規則性がわかりおもしろかったです。

 今年は、震災があり、大沼での創才セミナーが中止となりましたが、来年は是非、大沼での創才セミナー開催がある事を期待します。
 来年までに、数学の勉強をがんばり、創才セミナーに参加したいと思います。
 細水先生、楽しい授業をありがとうございました。

« 【平成23年度文集-8】 『数学の楽しさ』 | トップページ | 教育をめぐる座談会 (平成22年 第五回 創才セミナーより) »

参加者の声」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1529983/43683931

この記事へのトラックバック一覧です: 【平成23年度文集-9】 創才セミナー特別授業に参加して:

« 【平成23年度文集-8】 『数学の楽しさ』 | トップページ | 教育をめぐる座談会 (平成22年 第五回 創才セミナーより) »

無料ブログはココログ