« 「アクティブ・ラーニング」について | トップページ | 創才セミナーの記事 »

2016年9月 9日 (金)

第11回 南北海道創才セミナー を開催しました

 台風10号が南から北上していたので、果たして天気がもつかと危ぶんでいましたが、当日はまだ北海道には接近せず、穏やかな晴れ間が広がる一日となりました。

P8288115_convert

 今回は130名以上のお申込みをいただき、会場は親子連れを中心に、社会人の方々も含めた参加者で一杯になりました。

P8288134_convert

 創才セミナーの歴史と講師の先生の紹介、会長の挨拶の後、第一部、細水保宏先生の授業は、子どもも大人も一緒に楽しめるゲームで始まりました。
 会場になごやかな空気が広がる中、折り紙を使ったり、二人で対戦するゲームをしながら、図形や数の感覚を養いました。

P8288155_convert

P8288232_convert

 細水先生は「アクティブ・ラーニング」の手法も活用し、参加者が互いに学びあう過程をふんだんに設けた授業を進めていらっしゃいました。

Alp8288211_convert

P8288165_convert

+++++

 第二部は公立はこだて未来大学からお招きした松原仁先生の授業です。
 松原先生は、日本の人工知能研究の黎明期から研究を始められた、人工知能の第一人者です。
 函館市民にはおなじみの「イカボ」にも関わってこられました。

P1050579_conver

 先生は数多くの有名なプロジェクトを立ち上げてこられましたが、将棋やサッカーなど「ゲーム」の分野がお得意。
 授業の初めの方では、参加者に簡単なゲームをしてもらってから、「ゲームを原理の面から分類すると、どんな種類があるか」ということを説明されました。
 人工知能研究の歴史について、わかりやすく、おもしろい画像も交えながら説明されました。

P1050609_convert

 松原先生は将棋をする人工知能を開発するプロジェクトの中心になり、その縁で、羽生名人と親交をお持ちです。プロジェクトの裏話や、羽生名人から直接聞いたお話も披露されました。

P1050613_convert

 終わりの方では、人工知能がこの先発展を続けることで、社会がどのように変わっていくと予想されるか、というお話をされました。人工知能のありように詳しいと共に、人類の歴史を深く考察したことを基に、説得力のある意見を述べられ、参加者の様々な考えを呼び起こしていました。

+++++

 最後は「アルゴ・ゲーム大会」。
 簡単な仕組みだけれども、頭を使うゲーム。でも年上が強いとは限らず、小さい子が勝ち進むこともよくあるゲームです。
P8288335_convert

P8288340_convert

 一回戦で負けた人も、すぐにこのゲームの魅力に引き込まれ、二回戦や決勝戦が行われる中、再びゲームを楽しむ人もいました。
P8288327_convert

 今年の優勝者と準優勝者はどちらも小学生でした。細水・松原両先生のサイン入り色紙と記念写真(後日別送)を贈りました。

P8288356_convert


 参加者から

○学校のみんなにも今日これなかったおかあさんにも、さん数や数学のたのしさをおしえたいです。

○考えることはおもしろい。それを今日、改めて思いました。

○だい二ぶは、ロボカップのえいぞうがすごくおもしろくて、やってみたくなりました。

○先生方のお話は大変面白く、問題や課題に取り組む子供たちの生き生きした表情が大変印象的でした。
 ひとりで机に向かって問題を解くのとはまた違った楽しみや興奮があります。

○人工知能がこれからの生活にどう関わってくるのか、とても楽しみになりました。

などの感想を寄せていただきました。

« 「アクティブ・ラーニング」について | トップページ | 創才セミナーの記事 »

学問・資格」カテゴリの記事

活動記録」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1529983/67414251

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 南北海道創才セミナー を開催しました:

« 「アクティブ・ラーニング」について | トップページ | 創才セミナーの記事 »

キッズBEEトライアル

  • 「算数オリンピックにチャレンジ!」 (平成28 (2016) 年5月22日開催) 授業A 当日未解答だった問題の解答 その1

キッズBEEファイナル-1

  • 「算数オリンピックにチャレンジ!」 (28.5.22開催) 授業A 当日未解答だった問題の解答 その2

キッズBEEファイナル-2

  • 「算数オリンピックにチャレンジ!」 (H28.5.22開催) 授業A 当日未解答だった問題の解答 その3
無料ブログはココログ