カテゴリー「おしらせ」の34件の記事

2017年4月17日 (月)

「ちょっとだけ背伸びした算数・数学特別講座 算数オリンピックにチャレンジ!」を開催します

考えることって、おもしろい!
算数オリンピックの過去問題や類題にチャレンジしよう! 

  ※この催しは盛況のうちに終了しました
☆ちょっと背伸びした問題にチャレンジすることが、
  発想力や応用力を育てる秘訣(ひけつ) 
☆勉強のしかたのヒントもたくさんお伝えします 
☆中学生には、学校の数学にもすぐに役立つ内容の授業をします
今年は小学生の授業を 1~2年、 3~4年、 5~6年の3回に分けて、受けやすくしました。
中学生向けの授業は、全学年が参加できます
 更に、
 「中学数学をもう一度勉強してみたい」
 「小学生の子どもが授業を受けている間に、中学生向けの授業をのぞいてみたい」
など、ご興味のある大人の方も参加できます。
 
※「算数オリンピック大会」に参加予定、未定の方、どなたでもご参加できます。

P5226887_convert_20160618124550
 
【実施日】5月21日(日) 
【参加費】無料 
 
【会 場】函館ラ・サール学園
        (函館市日吉町1丁目12-1) 
 
※駐車場はありますが、混み合いますので、なるべく公共交通機関をご利用ください 
以下の物をご持参ください
 上履き・筆記用具・ノート類・はさみ(以上全員)、
  のり(A,B,D参加者)、 定規・色鉛筆(C参加者) 
【定 員】各時限 90名 
【時間割】 9:00 開場 
  小学の部 9:30~10:45 【A】小学1~2年生と保護者
                    (必ず同伴をお願いします) 
     ※お蔭様で、Aは満席となりました。受付を終了いたします。
      11:15~12:30 【B】小学3~4年生 
               (小3生には必ず保護者の同伴をお願いします) 
 中学の部 9:30~12:30 【C】中学生 (全学年可) 向け 
                (★大人も参加可能です) 
 
         12:30~13:30 昼休み 
   小学の部 13:30~14:45 【D】小学5~6年生
                         (保護者の方は教室の後ろで見学できます) 
※飲料、お弁当 (必要な方) は各自ご持参ください 
※なるべく多くの子どもが参加できるようにするために、
 小学1~3年生に同伴される保護者は原則として
 お子様1人につきお1人まででお願いします。
 2人目の保護者が参加される場合は、
 教室の後ろで見学していただきますので、ご了承ください。 


Wp1050417_convert_20160618123155
 
【講 師】松川 文弥 (数学塾)        … A,B,D担当   
  渡邊 崇教 (函館ラ・サール学園) … C担当 
 
【応募締切】5月14日(日) 
 
【お申込み】 
メールフォーム https://ws.formzu.net/dist/S69480192/ 
 
★当日会場で、希望者には
  『2015年度版 キッズBEE問題集』(※最新版ではありません) を 
 定価 2,700円のところ 特別価格 2,000円 (税込み) で販売します。 
 
【主催・問合せ】 南北海道創才教育推進会  
                 090-3779-9824 (舩矢),  sousaikyouiku★hotmail.co.jp
                     (★を@に変えてください)

2016年7月 1日 (金)

「アクティブ・ラーニング」について

 南北海道創才セミナーの講師を務める細水保宏先生は、函館市教育委員会が本年度より始めた「アクティブ・ラーニング」推進事業の研修会にも講師として招かれていらっしゃいます。
 そこで、「アクティブ・ラーニング」とはどのようなものか、ご紹介いたします。

*****

 「アクティブ・ラーニングとは、教師主導による講義型の授業とは異なり、
体験、討論、グループ協議、ディベート、探究型、調査学習などを取り入れた学習法
のことで、思考力や判断力を高める効果が期待される方法です。 

 2018~19年度改定の次期学習指導要領に盛り込まれる予定となっておりますが、函館市は国の方針に先立ち実施することにいたしました。

 今年度は市内の一部の小中高校で先行実施し、教員向けの研修会を計20回行うことになりました。その講師の一人として、創才セミナー細水保宏先生が招かれているのです。

 平成23年、函館国際ホテルを会場に「南北海道創才セミナー」を開催 (※註) して以降、
「細水先生の授業はすばらしい」
と地元の教育関係者の方々の間で評判となり、細水先生を講師とした研修会を開きたい、という声が高まりました。

 (※註 この年は東日本大震災の影響で、前年まで5年連続で開催していた「全日本小中学生創才セミナー」が中止となったため、会場を通常の大沼国際セミナーハウスから変更して開催しました。)

Hanamaru_edited_3
 その結果、平成25年から昨年まで、細水先生を講師とする教員向けの研修会が函館市教育委員会主催で創才セミナーの前日に開かれてきました。

(右の写真は平成26年8月、函館市立鍛神小学校で行われた研修会・模擬授業の模様)





 そして、地元の教育関係者の熱意と、細水先生を始めとする講師の先生方の多大なご協力により、本年度「アクティブ・ラーニング」のための研修を年間通して実施することが実現したのです。
 細水先生は既に、4月21,22日に校長・教頭向けの研修会、6月23日に小中学校教員向け研修会で講師を務められました。

 南北海道創才セミナーの後、8月29,30日にも教員向けの研修会が行われる予定です


《参考資料》
函館市 平成28年度教育行政執行方針

平成28年度アクティブ・ラーニング研修会2 開催要項


※ この文章は、函館新聞 (平成28年3月17日付と4月22日付) および北海道新聞 (同年5月7日付と6月25日付) の記事を参考にしながら、南北海道創才教育推進会事務局長 舩矢が執筆しました。文責は舩矢にあります。

南北海道創才セミナー (H28.8.28) 送迎バスのご案内

 8月28日(日)開催の「算数・数学を楽しもう! 南北海道創才セミナー」の送迎バスについてご案内します。

(※下の注意事項を必ずお読みください)

■行き第一便
  8:15  函館ラ・サール学園 出発

  8:30  ローソン函館本町電車通店前 出発  (本町29-20 ホテルシエナ隣)

  8:45  亀田支所前 出発   (玄関前のロータリー付近)

  8:55    新道沿い ㈱ナカヤマ・サムズ看板下 出発  (桔梗町418-114 ㈱ナカヤマ 前)

  9:30  大沼国際セミナーハウス 到着 
 
Nakayamap1020121_convert  
Nakayamap1020125_convert
 

   ㈱ナカヤマ・サムズ 
    看板下の発着地点➔





■行き第二便
  11:40  函館ラ・サール学園 出発

  11:55  ローソン函館本町電車通店前 出発

  12:10  亀田支所前 出発

  12:20    新道沿い ㈱ナカヤマ・サムズ看板下 出発

  12:50  大沼国際セミナーハウス 到着


■帰り便
  16:15  大沼国際セミナーハウス 出発

    ㈱ナカヤマ・サムズ看板下、亀田支所前、函館ラ・サール学園、
    本町ローソン前の順に止まります。


※ご注意

1) 必ず事前申込みをお願いします。 締切日: 8月21日(日)

2) 定員がありますので、お早めにお申込みください。

3) 帰りの便は閉会式後に出発します。途中で帰宅する方は、別の交通手段をご利用ください。

4) 各乗車地点では、駐車場に出入りする他の車にくれぐれもご注意ください。

5) 学園内や近隣店舗、亀田福祉センターの駐車場に長時間駐車しないようお願いします。
 
 

8月28日(日) 南北海道創才セミナー プログラム詳細

 8月28日 (日) 開催の 「算数・数学を楽しもう! 第11回 南北海道創才セミナー」 のプログラム詳細をご案内します。


9:40   ■ 開場

10:00  ■ 開会式 
 
10:10  ■ 第一部 〈特別授業〉 算数で遊ぼう! 親子で楽しむ算数ゲーム
                                               小1~小4およびその保護者向け
 
         講師 : 細水保宏                   

                   各自折り紙を10枚・はさみ・糊をご持参ください 
 
11:40  ■ 昼休み 
 
13:00  ■ 挨拶 
 
13:05  ■ 第二部 〈講演〉 人工知能はどこまで来たか そしてどこに向かっていくのか
                     ―  囲碁・将棋で人間と対決した人工知能 (AI) とは

                                            どなたでも参加可能  (小学高学年以上をお奨めします)   
         講師 : 松原仁 
  
 
14:35  ■ 休憩 
 
14:50  ■ ゲーム大会 
 
15:50  ■ 閉会式 
 
16:00  ■ 解散
 
     ※学校関係者の見学を歓迎します 
      また、高校生以上の学生、保護者以外の大人の方の参加も大歓迎です。

算数・数学を楽しもう! 第11回 南北海道創才セミナー (H28.8.28)

算数・数学好きの人も 
苦手だった人も
算数・数学の楽しさを発見する
南北海道創才セミナー 


教育と人工知能の第一人者を講師に迎えて
今年も開催します!
       [この催しは終了しました]
  (※申込用メールフォームのリンクはこのページの下の方、
   》続きを読む を開いた中にあります)

P1040165_convert_20160701143352
【開催日】  平成28年 (2016)  8月28日(日)    10:00 開会 16:00 閉会 
 
 (※プログラムの詳細は下にリンクしたページをご覧ください)
〈創才セミナー プログラムの詳細〉


【会 場】 大沼国際セミナーハウス  第一研修室  (駐車場あり)
 七飯町字大沼町127-1   (電話) (0138) 67-3950 

【参加費】  無料

【定 員】
  各部 140名
  ★小学3年生以下の児童には、必ず保護者の付き添いをお願いします。
  ※このセミナーでは小中学生とその保護者や教員向けの授業を行いますが、
それ以外の方の参加も歓迎します。



【講師】 
 
■第一部
細水保宏 (ほそみず やすひろ) 
               P1020512

 明星(めいせい)大学客員教授  (元筑波大学附属小副校長)

 算数の優れた授業で定評があり、"算数教育のプロ" を自認する。平成19年より毎年創才セミナーの講師を務める。
 
 函館市教育委員会が本年度より始めた「アクティブ・ラーニング」推進事業の研修会講師として招かれ、道南の教員を指導している。 

 算数教育やパズルの著書多数。
 
 (昨年度の創才セミナーの〈講師のご紹介〉に、細水先生の略歴と主な著書をご紹介しております)


■第二部
松原仁 (まつばら ひとし) 
                                                  Hitoshimatsubara
 
公立はこだて未来大学教授 
 人工知能研究の第一人者で、今年6月まで人工知能学会会長を務める。

 初めてプロ棋士を破ったコンピューターシステム「あから」やロボットにサッカーをさせる「ロボカップ」、人工知能にショートショートを創作させるプロジェクトなど、各方面で大活躍する。

 また観光に関する研究にも取り組み、地元の観光業の発展のために、情報技術の視点から積極的に発言している。

 創才セミナーの講師を務めるのは第5回に続き2度目となる。

 (公立はこだて未来大学 松原仁教授のプロフィールページはこちら)

 

続きを読む "算数・数学を楽しもう! 第11回 南北海道創才セミナー (H28.8.28)" »

2016年5月 1日 (日)

「算数オリンピックにチャレンジ!」を開催します

                     考えることって、おもしろい! 
     算数オリンピックの過去問題や類題にチャレンジしよう!

☆ちょっと背伸びした問題にチャレンジすることが、発想力や応用力を育てる秘訣(ひけつ)
☆勉強のしかたのヒントもたくさんお伝えします
☆中学生には、学校の数学にもすぐに役立つ内容の授業をします


※「算数オリンピック大会」に参加予定、未定の方、どなたでもご参加できます。


◆詳細とお申込みは「こくちーず」のこのページからどうぞ

   算数オリンピックにチャレンジ!



「算数オリンピック大会 2016」は算数オリンピック委員会が参加者を募集しています。
 (応募締切は5月20日)
 詳細については、下のページをご参照ください。

 2016年知の祭典 算数オリンピック大会

2015年9月26日 (土)

蔦屋書店で「算数オリンピックにチャレンジ!」 (11月8日(日))

秋の「算数オリンピックにチャレンジ!」

手と目を使って算数を遊ぼう / 正二十面体を作るよ!

915
                    (今年5月に函館ラ・サール学園で開催した「算数オリンピックにチャレンジ!」より)


算数の力を伸ばすコツは、図を描いたり、紙を切ったりして、手と目をたくさん動かすこと。
いろいろ試してみること。失敗もたくさんして、その中から学ぶこと。

そして、チャレンジする楽しさを体でおぼえること。

春にラ・サール学園で開催して大好評の「算数オリンピックにチャレンジ!」
函館蔦屋書展で開催する今回は、算数オリンピック・キッズBEE (小1~3年生向け)の問題の中から、図や紙を使いながら解く問題を集めて、じっくり取り組んでいただく2時間です。
クイズのように楽しめて、ひねりのきいたキッズBEEの問題は、小学4年生以上でも、大人でもチャレンジしがいがあります。

また、正二十面体を実際に作ってみるコーナーもあります。
小学生と保護者のみなさん、さあ「算数オリンピックにチャレンジ!」
【日時】 11月8日 ()   10:00~12:00

【場所】 函館蔦屋書店 
       2階 文化教室 (レストランFUSU横、専門書コーナー奥の大きな机)
           ※店内見取り図はこちら

【対象】 小学生と保護者
※どの学年でも必ず保護者の同伴をお願いします。恐れ入りますが、未就学児の同伴はご遠慮ください。

【参加費】 1,000円 / 1名

【持参していただくもの】 はさみ、のり、筆記用具、ノート

【申込方法】 sousaikyouiku@hotmail.co.jp  まで
         お名前(保護者も含む)、学年、電話番号 (当日連絡の付くもの) をお知らせください

【定員】 20名 (小学生と保護者10組)
【講師】 松川文弥 (当会会員、数学塾塾長)

【問合せ先】 sousaikyouiku@hotmail.co.jp または 090-3779-9824 (舩矢)

★函館蔦屋書店のイベントページはこちら

2015年8月 7日 (金)

ニュース : 広中平祐先生、創才セミナーご出席決定!

 当会名誉顧問で日本を代表する数学者である、広中平祐先生が、8月23日(日)開催の「算数・数学を楽しもう! 第10回記念 南北海道創才セミナー」にご出席されることが決定しました。
 広中先生は、ハーバード大学や京都大学で研究され、フィールズ賞 (数学界の最高の賞) や文化勲章を受章されました。その一方、若い世代の才能を伸ばすための教育活動にも早くから熱心に取り組まれて来ました。
 「創才セミナー」もその一つで、「創才」という言葉を創ったのも広中先生です。
 平成18年(2006)の第一回 全日本小中学生創才セミナーから平成22年(2010)の第五回まで、毎年大沼の会場に来場されていました。
 今回のご来場は、2013年に広中先生の郷里の岩国市で開催した「創才セミナー岩国」の関係者と共に、南北海道創才セミナーを視察されるためのもので、5年ぶりとなります。
 当日は、広中先生から参加者のみなさんにご挨拶をいただく予定です。

 広中先生は、柔軟な発想力や生きる知恵が豊かで、その上きさくで情に篤い方です。そのような先生に多くの方々が間近で触れていただければと思います。
 「算数・数学を楽しもう! 第10回記念 南北海道創才セミナー」
 詳細とお申し込みはこちらから 
 
089
 (写真は、平成22年(2010) 第五回 全日本小中学生創才セミナーで講演される広中先生)

2015年7月 2日 (木)

創才セミナー (27.8.23) 送迎バスのご案内

 8月23日(日)開催の「算数・数学を楽しもう! 南北海道創才セミナー」の送迎バスについて
ご案内します。
 (※下の注意事項を必ずお読みください)

行き第一便 
8:30  ローソン函館本町電車通店前 出発  (本町29-20 ホテルシエナ隣)
 
8:45  亀田支所前  (玄関前のロータリー付近) 出発
8:55  新道沿い ㈱ナカヤマ・サムズ看板下 出発      Nakayamap1020121_convert
 
9:30  大沼国際セミナーハウス 到着
 
 
   



                                       ㈱ナカヤマ・サムズ看板下
 
  Nakayamap1020125_convert
■行き第二便                   
    (※車中飲食可能です)
11:30  函館白百合学園 (ルルド付近の芝生前) 出発
11:40  函館ラ・サール学園 (学生寮玄関前) 出発
11:55  ローソン函館本町電車通店前 出発
12:10  亀田支所前 (玄関前のロータリー付近) 出発
12:20    新道沿い ㈱ナカヤマ・サムズ看板下 出発
12:50  大沼国際セミナーハウス 到着
■帰り便
17:15  国際セミナーハウス 出発
      ㈱ナカヤマ・サムズ看板下、亀田支所前、白百合学園、ラ・サール学園、
      本町ローソン前の順に停まります

※注意

1) 必ず事前申込みをお願いします。
 締切日 : 8月16日(日)
2) 定員がありますので、お早めにお申込みください。
3) 帰りの便は閉会式後に出発します。途中で帰宅する方は、別の交通手段を
  ご利用ください

4) 各乗車地点では、駐車場に出入りする他の車にくれぐれもご注意ください。

5) 学園内や近隣店舗、亀田福祉センターの駐車場に長時間駐車しないようお願いします。

創才セミナー (27.8.23) 講師のご紹介

◇第一部・第二部 特別授業                  1342


細水保宏 (ほそみず やすひろ)                                       

昭和29 (1954) 年 神奈川県生まれ
横浜国立大学大学院数学教育研究科修了
横浜市立三ツ沢小学校・六浦小学校教諭、筑波大学附属小学校の副校長を歴任


本年4月より 明星学苑教育支援室長兼明星大学客員教授

「スカッとさわやかに」をモットーに、今も定期的に教壇に立ち、子どもたちに楽しい算数の授業を行っている。
筑波大学非常勤講師、横浜国立大学非常勤講師、日本数学教育学会常任理事、使えるベーシック研究会常任理事、新算数教育研究会役員、全国算数授業研究会前会長、ガウスの会会長、「算数授業研究」(東洋館出版社)編集委員、教科書(教育出版)著者。
【主な著書】
「確かな学力をつける算数授業の創造」(明治図書出版)
「確かな学力をつける板書とノートの活用」(明治図書出版)
「豊かな計算力を楽しく手に入れよう!算数的活動」(学事出版)
「秘伝細水保宏の算数教材研究ノート」(学事出版)
「算数のプロが教える授業づくりのコツ」(東洋館出版社)
「算数のプロが教える教材づくりのコツ」(東洋館出版社)
「算数のプロが教える学習指導のコツ」(東洋館出版社)


◇第三部 講演
                                                                                    Fumitakayura

由良文孝
  (ゆら ふみたか)
1970年 兵庫県生まれ
1989年 灘高等学校卒業,東京大学理科I類入学
1998年 東京大学工学系研究科 物理工学専攻修了,博士(工学)
1998-2001年  日本学術振興会 特別研究員(PD) 
         (所属は東京大学数理科学研究科)          
2001-2005年  科学技術新興機構 戦略的創造研究推進事業
          (ERATO) 今井量子計算機構プロジェクト 研究員

2005年- 現在に至る 公立はこだて未来大学准教授

専門は離散可積分系、セルオートマトン、量子情報理論


●自己紹介風メッセージ
 津波、池に投げた小石が作る波紋、光ファイバーを流れるパルスといった波は、その特徴からソリトン(孤立波)と呼ばれています。
 普通の波は、小さな波どうしがぶつかると大きな波になったり、時間がたつと大きな波が複数の小さな波に分かれたりしますが、ソリトンの場合、波どうしがぶつかっても形や速度が変わらずに進み続けます。

 最近の研究では、ソリトンは「セルオートマトン」と呼ばれる計算モデルと深いつながりがあることがわかってきました。

 ソリトンを数式で扱うには普通、偏微分方程式などの大学以降で習う知識が必要ですが、セルオートマトンは小学生も理解できる簡単なもの。このように単純なものが、複雑なパターンを作り出すのはなぜなのか、また生み出されたパターンがどんな性質や応用をもっているのか、といったことに現在興味を持っています。


●「セルオートマトン」とは

セルオートマトンは適当に並べたセル(マス目)と単純な規則だけで成り立つ簡単な仕組み。
ですが、想像できないほどいろいろな振舞いをすることが知られています。

例えば ― それは、創才セミナーでお話しします。どうぞお楽しみに!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ